第二回公式コンペ「RED OR BLUE」を振り返って…

皆様、大変お疲れさまです。無事、コンペも終了しました。今回のコンペについて振り返ってみたいと思います。

今回の特色としては新しい競技カテゴリーを追加したことが挙げられますが、それなりに全ての部門で好成績が出現し、競技性の発展には大いなる可能性を感じることが出来ました。しかし、TIE KING、PAIR MASTERの成績には脱帽です。あっぱれ!

優勝者は「みみ」選手
「みみ」選手は 優勝とベストグロスとのダブル受賞

総合ランキングでは後半から、「みみ」選手の逃げ切り独走。道中、微減はあるものの安定したレース展開、横綱相撲っぷりを見せてくれました。ベストグロスとのダブル受賞、そして、スラッガーでも11連勝、ハーラーでも5位と総合的に強い選手でした。おめでとうございます。

スラッガーでは18連勝の2名「jGi326」選手、「vMK350」選手が受賞。かなりの大記録を2名が達成となりました。

ストッパーは新記録がでました。「100回以上で2連敗しかしない」はこれらのカテゴリーでも非常に価値のある記録と言えます。予想配信者だったら「神配信」ですね!

TIE KINGでは驚異的な数字が出ています。「27.03%=37回BETして10回の的中」と推測されます。理論値の3倍となります。おめでとうございます!

PAIR MASTERはさらに素晴らしい記録です。「243」選手の「29.03%」。勿論、TIEより出現率は低い訳で、こちらの方の打率が高いことが不思議でなりません。

ベストグロスに関してはTOP10のうち、8名が総合ランクでもTOP10入りしている状況です。BET回数関係なく、ECを増やすことが総合順位にも大きく関わっていることの証明とも言えます。

そしてハーラーダービー。何と言ってもゲーム数が左右するこのレースは一万回超がTOPとなりました。

試験的に導入した部門もあり、それぞれのレギュレーションも賛否両論これから出てくると思います。「世界にはまだ無いe-sports」をユーザーの皆さんと共に作って行ってほしいですね。お疲れさまでした!