今はやりの【仮想通貨】送金手数料の違いって?

#仮想通貨

こんにちは!

ライターのキロリッチです。

 

皆さん、今日もBETしてますか?

 

さて、今日は“仮想通貨の送金手数料”についてお話したいと思います。

 

お金を指定された口座に振り込む際、送金手数料ってかかりますよね?

同じ銀行間なら無料とか、時間帯によっては安くなるとかそれぞれ銀行によってルールがありますが、実はこの送金手数料、仮想通貨でもかかります。

 

※上記は目安です。取引所によって変わる場合がありますので、ご自身でご確認ください。

 

【LUC888™の始め方】の記事で仮想通貨でのFGC購入方法をお伝えしましたが、その際に「送金手数料がかかるのを忘れてぴったり送っていた…」方も多いのでは?

 

例えば、LUC888™のShopで10,000円分のFGC(≒100,000FGC)を購入する際に以下のポップアップが表示されます。

表示の内容は「100,000FGCを購入するのに必要な分の仮想通貨」で、そこに送金手数料は含まれていません。

(送金方法は【LUC888™の始め方】に記載しています。)

 

仮想通貨に不慣れの場合、ウォレットを開設すると、“LUC888™で必要な分だけ”の仮想通貨を購入してしまう方も多いかもしれません。

一般の銀行と同じく、仮想通貨も「送金手数料」はかかります。

 

上の表を見るとTRX(トロン)とETH(イーサリアム)の手数料が比較的安いことがわかりますね。

これから他の仮想通貨が増えることもありえるのかな?

その都度、手数料についても調べてお知らせできればと思います!

関連情報