Thinking e-sportsとは?

#e-sports #Thinking e-sports

このWEBゲームはランドカジノの王様と言われる、「Baccarat(バカラ)」をバーチャルに楽しむことが出来るゲームである。現在、日本では僅か1年足らずで10万アカウントを超える人気となった。「なぜ、人気なのか?」その理由を紐解いてみたい。

 

なぜLUC888™は人気なのか?

 

このゲームは「Thinking e-sports」を謳っている。この耳慣れない言葉は「クラシカルなカードゲームのバカラ」へ「e-sports」を融合させたゲームとして世に現れたものである。世界的に莫大な数の愛好者を抱える「バカラ」と言うゲームは、これまでカジノゲームの王様として300年愛され続けている。そこへ「チップの数=スコア」のスポーツ的目線を用いることで「Thinking e-sports」と言うジャンルを誕生させた。「潜在的なユーザー×トレンド」が人気の要因と言える。もちろん、時代の風も大きく吹いている。「e-sports」と言う風、そして日本国内で論議される「カジノ法案」による、いわゆるカジノゲームへの注目という風、そして、誰も予想していなかったコロナ禍による「Stay Home」と言う風。この3つの追い風に乗り、大きくユーザーを集めることになったのである。更には「5G」の到来とともにより成長するコンテンツと言える。

 

「Thinking e-sports」とは?

 

LUC888™では他の「e-sports」で必要とされる動体視力や指先の反射神経は必要がない。次の一手、どこへBETするのか?幾らBETするのか?を思考力と決断で競うものである。こういった「思考力」を競うゲームは枚挙にいとまがない。将棋・チェス・オセロなど世界で愛されるゲームは多数あるが、上級者にビギナーが勝利することは、難しいのが実情である。また、バーチャルで競う魅力に乏しく、リアルに勝負を決めるのが「権威」とされるゲームでもある。

バカラというゲームに於いては、そのバランスが非常にうまく出来ており、バーチャルで競技することが「リアル」では難しかった「同時に1,000人」が、簡単に可能になったのである。オンライン対戦の麻雀ゲームが流行したのもの同様の理由からと考えられる。

 

成長著しい「e-sports」マーケット

 

世界的に驚異的なスピードで成長し続ける「e-sports」のマーケット。高額な賞金を掲げた競技大会も続出し、コロナが世界を席巻する中、競技人口も爆発的に増加している。LUC888™でも、間もなく、世界中からオンラインで参加できる「優勝賞金100万ドル」を謳ったe-sportsイベントが開催予定されている。まさしく「ヒラメキか、セオリーか。」を競う「Thinking e-sports」へ世界から参加が可能となる。

 

関連情報