e-sportsってなぁに?

#e-sports #GAME #雑学

e-sportsとは「エレクトロニック・スポーツ(electronic sports)」の略称です。

 

 

簡単に言うとコンピューターゲーム、ビデオゲームを使ったスポーツ競技のことを指し、複数人のプレイヤーで対戦するゲームをスポーツとして解釈、「e-sports」と呼びます。

 

「スポーツじゃないじゃん」と思いました?

 

スポーツというと走ったり飛んだり、体を使うイメージがありますから、そう思われても仕方ないかも知れません。

 

“古くからヨーロッパではチェスや将棋、麻雀などいわゆるボードゲームも思考を競うスポーツの範疇として競技されてきました。” LUC888™引用

 

将棋は両者は正座して盤を見つめているだけです。

それでも1対局で1~2kgの体重が落ちるそうです。

それだけ脳を使っているという事です。

 

アメリカではすでに、国が「e-sports」をスポーツとして認めています。

 

韓国や中国でも「e-sports」が非常に発展していて、市場規模も日本とは桁違いになっています。

 

残念ながら日本は世界から「e-sports」の後進国と呼ばれており、まだまだ「e-sports」という単語すら認知が低い状態。

 

とは言えゲーム国家と言っても過言ではない日本には十分すぎるほどの基盤があります。

 

どんな分野においても飽和状態の日本で、まだまだ発展途上なんて、ある意味チャンスしかありません。

 

プレイヤーとしてスターになるもよし。

観客としてスターを育てるもよし。

 

e-sportsの国内認知度が上がれば賞金もおのずと上がっていくと思います。

e-sportsの世界最高賞金は約3億円。

メジャースポーツのゴルフの賞金を超える勢いです。

 

さらに、現在開催中の「Sports Baccarat  Grand prix 2021」では優勝賞金$1,000,000!

日本円にすると約1億円...

 

夢しかないこのチャンス、掴みましょう!

 

Sports Baccarat  Grand prix 2021はこちら

関連情報